デジタルサイネージの導入にはどのくらいかかりますか?

こんにちは。東京都港区、品川区を中心にオフィスリフォームのサポートをしている東京オフィスリフォーム.comです。
東京都港区のお客様より「デジタルサイネージの導入コスト」についてのご相談をいただき、
「デジタルサイネージの導入コスト」についてご案内いたしました。

デジタルサイネージを導入しようと思うのだけど、どのくらいコストがかかるのですかといったご相談があります。
そこで今回は、その費用の内訳や費用相場がどのくらいになるのかなどをご紹介します。
デジタルサイネージにおけるコストには、「導入コスト」と「運用コスト」の2つに分けられます。

まず、「導入コスト」です。
サイズや用途、設置方法によって変わりますが、一般的な相場範囲は下記となります。
・ディスプレイ…屋内用は10~40万円、屋外ディスプレイは50~300万円ほど。

防水やタッチパネル、大型のインチ数のものは、この範囲より高価格になることがあります。
また、ディスプレイによっては工事費用もかかります。

・再生機器…USBメモリは1,000~3,000円程度、STBは3~25万円ほど
・管理システム…デジタル配信コンテンツ再生のスケジュールなどを管理する
CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)利用の費用相場は、月額数千円~1万円ほど。

次に「運用コスト」です。
デジタルサイネージの運用コストには、コンテンツ企画・制作費用、メンテナンス費用などがあります。
コンテンツ企画・制作費用については、自社ですべてを用意する場合と、カメラマンや制作会社に
依頼する場合とでは大きく異なります。2〜5万円からの場合もあれば、30~50万円からの場合もあります。

雄大では、デジタルサイネージに必要な機材の選定、環境構築などの導入からコンテンツ作成・配信まで
トータルサポートしています。また、設置も運用も簡単かつ低価格で対応可能です。
デジタルサイネージのことは、雄大にお任せください。

https://www.ricoh.co.jp/signage

東京オフィスリフォーム.comは、東京都港区、品川区を中心に「デジタルサイネージの導入コスト」のサポートを行っております。
東京都港区、品川区で「デジタルサイネージの導入コスト」のご相談は東京オフィスリフォーム.comにお任せください。
「デジタルサイネージの導入コスト」ついての詳細は下記をご覧ください。

https://tokyo-office-reform.com/carpentry/

また、東京オフィスリフォーム.comでは、「オフィスのレイアウト変更マニュアル請求無料進呈中」です。
「オフィスのレイアウト変更マニュアル請求無料進呈中」についての詳細は下記をご覧ください。

https://tokyo-office-reform.com/layout-manual/

最後までご覧いただきありがとうございました。

東京オフィスリフォーム.comは、東京都港区、品川区周辺のあらゆるオフィスリフォームに対応いたします。お気軽にご相談ください。

東京都港区、品川区周辺の
オフィスリフォームはお任せください

03-3769-0084

受付時間:平日8:30~17:30

東京オフィスリフォーム.comご対応エリア
【ご対応エリア】
港区、品川区、大田区、目黒区
新宿区、渋谷区